トップ / 乳酸菌摂取でアレルギーの改善

腸内環境とアトピー

乳酸菌摂取でアレルギーの改善

乳酸菌摂取で驚きの効果が

乳酸菌やビフィズス菌は腸内に存在する常在菌です。
ヒトの細菌バランスを維持して、病原性の微生物から体を守ります。
アトピーの改善にはこの腸内環境を整えることが重要になってきます。
乳酸菌飲料などはたくさん販売されていますが、その乳酸菌の中で注目されているのが、L-92乳酸菌です。

免疫バランスの崩れからアトピー性皮膚炎のようなアレルギーは発症します。
人の免疫システムには感染に働くTh1とアレルギーに働くTh2がありますが、この2つのバランスが崩れた時にTh2が過剰な防御反応を引き起こしてしまいます。
つまりアトピー症状を緩和するためにはこの2つのバランスを整えて、Th2の過剰反応を抑えなくてはいけません。

この過剰反応をコントロールするために乳酸菌が有効なのです。
L-92乳酸菌は、免疫をつかさどる細胞に働きかけるためアトピーに特に有効だとされています。

<効果の実証されているL-92乳酸菌>

L-92乳酸菌には様々な効果があります。
便秘や花粉症対策、風邪やインフルエンザ予防、免疫力を高めるなどがありますが、そのひとつにアトピーへの有効性が確認されています。

4歳から15歳のアトピー性皮膚炎の患者が一定期間L-92乳酸菌を摂取したところ、症状が緩和されてステロイド軟膏の使用量が減ったという結果が出ています。
また成人に対する試験では、18歳から54歳の患者49名のうち24名にはL-92乳酸菌を含んだタブレットを、25名にはL-92乳酸菌を含まないタブレットを8週間摂取してもらった結果、L-92乳酸菌を摂取したグループの皮膚炎スコアが低下しました。

それだけではなく3歳未満の小さな子どものアトピーへの有効性も証明されています。
つまり子どもから大人まで幅広い年齢層でL-92乳酸菌がアトピーに対して有効だと確認されています。
L-92乳酸菌により腸内環境を整えることで、過剰になっているTh2を抑えて、Th1とTh2の免疫バランスを整えることができる可能性があるのです。

乳酸菌を含む製品はたくさんの種類がありますが、より効果を期待するなら、アレルギー対策に効果が期待できる乳酸菌を選びたいですね。