トップ / 腸内環境を整える食べ物は

腸内環境とアトピー

腸内環境を整える食べ物は

効果的な食べ物で腸内環境改善

腸内環境を整えることがアトピーの改善に期待できるとされていますが、日常の食生活から見直すことが大切です。
乳酸菌やビフィズス菌が良いことは分かりますが、どのような食べ物が効果的でしょうか。

ヨーグルトをイメージする人が多いかと思いますが、それ以外にも日本人が昔から食べている食べ物に乳酸菌は含まれています。
発酵食品である漬物、味噌、納豆などです。
今は洋食化が進んでいることもありますが、やはり日本人の体に合うのは日本食です。
発酵食品から乳酸菌を摂ることが一番ですね。

また腸内環境を整えるためには、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌だけでは足りません。
食物繊維やオリゴ糖を摂ることで、善玉菌を増えるのを助けてくれます。
オリゴ糖は、ごぼう、玉ねぎ、大豆、バナナなどに含まれており、母乳には130種類ものオリゴ糖が含まれています。
食物繊維には切干大根、アーモンド、さつまいも、ごぼう、アボカド、オクラです。
特にゴボウには水溶性食物繊維のイヌリン、不要性食物繊維のリグニンの二種類の食物繊維が含まれています。

<組み合わせて、美味しく食べてみよう>

そして、腸も体の一部ですから冷えないようにすることが大切です。
朝からゴボウ、玉ねぎ、さつまいもといった土の中で育つ食品をたくさん入れたお味噌汁を飲めば、体も温まり、腸内環境を整えるにはぴったりの朝食ですね。

またヨーグルトを食べる時にも、オリゴ糖であるバナナを一緒に食べれば、善玉菌を増やし善玉菌のエサにもなるので一石二鳥ですね。
忙しい朝でも簡単に食べることができますね。

ただ乳製品を食べるとお腹がゆるくなりすぎる人もいます。
何らかの食品に限って下痢を起こすような場合には、自分の体に合っていないことも考えられますので、別の食品に変えて様子を見て下さい。
たくさん種類がある乳酸菌、ビフィズス菌の中で人によって合う合わないがありますので、同じ食材を2週間程続けて食べてみて、自分に合っているものを探してみてください。

自分に合った食品ならお通じの改善を感じたり、免疫力が上がったり、アトピーの症状が改善するなど効果が表れてきます。

日本人が古くから親しんできた食品に乳酸菌はたくさん含まれています。
毎日続けて食べていくことが大事ですから、無理のない範囲で日々の食生活の中に取り入れて行くことが大切ですね。